韓国女性の肌ってなんであんなにキレイなの?

肌がきれいな女性
最近、ネットフリックスで韓国ドラマにハマりまくっています。

ストーリーはもちろんですが、韓国人俳優の肌がすばらしくキレイでみとれてしまいます。
日本の俳優さんのアップは毛穴やしわや肌荒れがパラパラ見られますが、韓国人俳優ではほとんど見たことがありません。

K-POPも好きなわたしですが、みんな肌がキレイ。
毛穴あるのかな?と思ってしまうほど透明感があります。

韓国人ってどうしてあんなにも肌がキレイなのでしょうか。

一度、韓国に旅行にいったことがありますが、若い人だけじゃなくおじいちゃんおばあちゃんもキレイな肌をしていました。

しかも、肌の色も白い。

ちょっと気になったので検索してみると、韓国って冬がとても寒いらしく、日本でいう東北の人のような肌が多いそうです。

それにしても、キレイすぎます(笑)

美肌にこだわる人が多い

韓国人は、小さいころから美意識が高く、女性だけでなく男性も同じだそうです。
「あぁ、だからか」と思いつつ、ググってみると、、、

とくにスキンケアへのこだわりで保湿にこだわる人が多いとか。

韓国にいくとパックとかクリーム、たくさん売っていますよね。

沖縄県民のわたしは見た目に日本人とみられないため(笑)、売りつけに合いませんが、お土産屋さんではよく日本人に美容品をすすめている韓国人をよくみました。

ユーチューブでも、韓国人の夜のスキンケアルーティーンではどれだけ保湿するの!?というほどケアに時間をかけていたので衝撃をうけたり、、、

日本人のように化粧で隠そうとせず、土台である肌にお金と時間をかえている印象を強く受けます。

美肌が作られるのはキムチを食べているから!?

韓国のニュースで、若者のキムチ離れが進んでいるというのを目にしました。
とはいえ、日本に比べても消費量は多いと思います。

日本ではセーブされがちなトウガラシも韓国では小さい頃から食べているそうです。

発酵食品を小さなころから食べているから、内臓の調子もよく結果、美肌が多いのかなという印象をうけました。

特にトウガラシは辛いため、汗がでます。
血行も促進され新陳代謝もあがっていくため自然と肌がキレイになっていくのでしょうか。

うらやましいかぎりです。

日本人からすると、トウガラシを小さな子が食べるなんて、、、
と顔をしかめてしまいそうですが、なんと韓国のトウガラシ、あまり辛くありません。

厳密にいうと(あくまで個人の感想)、辛いけれど旨味を感じます。

日本のトウガラシと種は一緒なようですが、育てる環境でこんなにも違うものなんですね。

スーパーで販売されているキムチもよくみるとトウガラシの原産国が違うため、最近はもっぱら韓国産トウガラシ入りを選ぶようになりました。

話は戻りますが、韓国人の美肌。
一番の理由は、美容への関心が非常に高いということではないでしょうか。

何よりもお金をかけている。

そんな印象さえうけます。

たとえば小さなニキビができたとして、日本人ならそのまま放置かクリームを塗る程度だと思います。

それが韓国人はわざわざ病院へいき、専用の注射をうちスッと整えるそうです。

もちろんですが、栄養豊富な成分がカラダに入ると、ニキビもすぐに治ります。

韓国=整形というイメージが強いですが、美容と生活が密接にかかわっているため、ちょっとした肌トラブルも気軽に相談できる窓口が多いのかもしれません。

そして、韓国人。
なんとオフの日は基本ノーメイクだそうです。

素敵ですね。

日本人女性の場合、ちょっとの外出でも化粧しなきゃとおもってしまいますが、韓国人は意識的にしないそうです。

この積み重ねがあの内側から光り輝く美肌をつくっているのかもしれません。