紫外線対策に有効なものって?

UVカット用品
そろそろ秋を感じる季節になってきましたね。

なんだか人恋しいとおもいつつ、子ネコちゃんのぬくもりに癒されています(笑)。

美容好きとしては夏場の紫外線対策を徹底してきました。
とくに今年はコロナの影響から外出が少なかったので、いつもより肌の調子が良い気がします。

しかし、気をつけたいのが今からの紫外線対策です。

夏の紫外線は今までずっと意識していたのですが、先日40代の先輩とカフェランチしたとき、シミ対策は早めがいいという情報をゲット。

先輩は色白ですが、ほほに10円玉ほどのシミができはじめていたのです。
もう少し濃くなったらレーザーに行くと話していましたが、、、、

そうなる前の予防をした方が良いと力説され、帰宅後いろいろと調べてみました。

結果、、、

秋冬のUV対策をバカにするなという結論に。

どうやら日にあたり肌が赤くなる、日焼けして黒くなるのはUV-Bという紫外線。
これは秋冬に減少するそうです。

しかし肌の奥まで届くUV-Aは一年を通してさほど変化しないようで、秋冬の紫外線対策を怠ると、シミやたるみの原因になるそうです。(怖い(*_*))

ということで、夏場に実践した紫外線対策と合わせて、秋冬に実践したい対策を書き込んでみました。

紫外線対策はいつするべきか?

紫外線対策は、毎日するべき!
とわたしは豪語しています。

たとえ外へでない家の中にいてもです。
窓辺から差し込む光には紫外線が含まれています。

窓辺で読書なんてオシャレなことをしている間に、シミやたるみの元となる紫外線UV-Aを浴び続けてしまっているわけです。

そこでわたしが実践しているのがUV付きBBクリームを塗る習慣をつけることです。

外出しない時でも朝、顔を洗って化粧水を塗ったら、とりあえずUV付きBBクリームを塗るようにしています。

正直、家にいると細目に塗ることはないので、そこはわたしの課題なんですが、、、

コロナ中も外出しなくても、室内の日焼け止め対策で将来の肌に向けていわば「投資」をしていました。

まだ20代でも先輩いわく、調子にのっているとすぐに劣化するというから気をつけたいものです。

紫外線って、今すぐじゃないから分かりにくいのがネックですよね(笑)。
サボっても正直わからない。。。

けれど40代50代になったときに、差が一気に開くのです。

ペットショップ勤務中にお客様をみても感じます。

受付で個人情報を書いてもらうのですが、生年月日をみて「えーーー見えない!!見た目め若ッ!!!」と感じる方もいれば、35歳なのにすで50歳に見える方もいます。

髪型やファッションとかでなく、肌のツヤが全然違うのです。

わたしは元々お肌がキレイではなく、すぐに乾燥してニキビや吹き出物も出やすいため、肌のコンプレックスが強いほうだと思います。

だからこそ、透明感のある綺麗なお肌をみると、「うらやましいぃぃぃぃ」と少しでも近づきたいという思いから、日々コツコツ地道な努力をしているというわけです。

100%遮断!?外出時の紫外線対策

みなさんはUV対策グッズって何を使っていますか?
日焼け止めは基本だと思いますが、外出時は車を運転するときも帽子と手袋をするようにしています。

今までは99.9%グッズが当たり前と思っていましたが、、、

なんと♪

100%のUVグッズを見つけて大興奮♪

去年の冬にまずは帽子からゲットしました(*^_^*)

デザインの種類も多く、つばの長い帽子を購入。

2つ上の姉もうらやましがって購入しようとしたら完売していたので、別デザインをゲットしていました。

使い勝手も良いし、かなり良い感じです。

科学の力バンザイといったところでしょうか(笑)